いろいろな避妊方法

現在、日本国内で避妊方法はさまざまな種類が用いされています。セックスはパートナーとの愛情の深める交流と新しい命を誕生につながることです。相手のために、そして,女性の体のために、正しい避妊方法を知ることが大切です。今回、いろいろな避妊方法を普及しております。

1.低用量ピル

ピルは、女の子の体にある卵巣から分泌されている黄体ホルモンと卵胞ホルモンと同じものが化学合成されたもの。だからピルを服用すると、この二つのホルモンを配合してから、排卵をおこさないようにする方法です。女性の意志でできる方法ですが、飲み忘れたら、効果がありません。そして、個人によって副作用が違います。特に、月経困難症の改善に副作用がおおきいです。

2.コンドーム

薄いゴムの袋をペニスにかぶせて精子の進入を防ぐ方法です。装着は射精の直前ではなく、必ずペニスを膣に入れる前にします。 日本で最もポピュラーな方法で、利用法が簡単で特別な知識がありません。そして、入手安いし、価格も安いし、 性感染症の予防もできます。しかし、正しく使用しないで、失敗率が高いです。絶対赤ちゃんを産めない女性には、進めたくないです。

3.基礎体温法

基礎体温とは人間が生きていくために必要な最小限度の働きを保つための基礎代謝により発生する熱ということです。基礎体温から排卵期を知り、安全期を予測して避妊の目安にする方法です。(排卵日と前後3日間は妊娠しやすい時期)これは副作用がほとんどなくて、簡単な方法で自分の生理周期を確認できます。しかし、利用したら、正しく測定しなければならないです。またH、生理周期はストレスや体の不調などの影響を受けやすく、生理不順の方に向かなくて、コンドームなどほかの避妊方法と併用する必要があります。

4.IUD

プラスチック製や金属製の小さな器具を子宮内に挿入して、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐ方法です。装着後は年に1〜2回検診を受けて、約2年で交換します。 使用感がなくて、 一度装着すると、あとは手間がかからません。しかし、それは婦人科でしてもらうものです。または、 妊娠や出産の経験がない人は子宮口が小さいので装着しにくいです。そして、個人によってさまざまな副作用が出る状況もありかす。特に、多くの人は子宮感染に気をつけます。

5.殺精子剤

セックスの直前に膣内に精子を殺すお薬を入れて避妊する方法です。簡単に使えて、副作用がほとんどありません。しかし、効果が出るために、時間をかかる必要があります。または、流れ場合もあります。

6.不妊手術

手術で卵子や精子の通路をふさぐ避妊方法です。 手術の副作用がなくて、 一度手術をすれば、避妊効果が半永久的に持続することができます。しかし、 手術後に再度妊娠を希望してもとても難しいです。将来、たぶん赤ちゃんを産む考えがある女性には、勧めたくないです。